ケースの起源は学生時代でした。
ハイスクール球児だったぼくは学生時代は終始ひたい心で自分でバリカンで散髪を通していたのですが
気づいた時はハイスクール3階級の春でした。

毎年変更浴びる大学生日誌の風貌ムービーのボウズが広がっているではありませんか
ようやく隠したいと考えましたが、部活のバランスでずっと心をさらけ出して掛かるスピードなので
唯一隠せるのは実践やレクレーション当事者の帽子を被っている季節だけ
ただし心が蒸れるのははげ易いという話を聞いていたので出来れば帽子はかぶりたくないが
脱げば幅広いボウズが言えるという試合を学生時代としていました。

大学生になってからは野球は群れ周りに楽しむようにしてパートやレクリエーションに明け暮れて
髪も長くワックスやジェル等の整髪料で頭髪をアレンジして合コンも楽しんでおりましたが
悪夢が社会人になってからでした。

ぼくは売り買い店頭に入って朝から夜更けまで外出で駆け回っておりましたが26歳の夏に外部は暑いので
汗を大量にかいてしまい便所の鏡を見ると本当に上のサイドからボウズが露出してしまってある自分の着こなしを
見て絶句しました。

自分で気づいたは皆はすでに気づいていたのではないのかって
但しハゲてきているという物語も出た事も弱いし、指摘された事も弱い
ただし大層激しい状況になっているは皆は面影で言っているのではないのかという
危惧が出てきました。

そこで肝っ玉を出して店頭の呑みのフィールドで自分がハゲてきている事を皆に笑い話のように
打ち明けるケースにしました。
すると皆は知らなかったと言ってくれましたが、解るんです。

知ってただろうと
ここからぼくは完全に吹っ切れる事が行なえ、今は30歳ですが皮膚ヘッドだ。
生来瞳は凄まじく鼻は高かったので市川團十郎くんに似ていると言ってもらう事が出来
今の別名は團十郎だ。

皮膚ヘッドとしてから今のおかあさんといった知り合って今ではハゲてても幸せです。
僕をさらけ出して全体を知ってもらう事で昔にハゲて掛かる事で悩んでいたタームが勿体なかったって
振り返ればそう思います。γ-GTPが高いとき、オルニチンを摂ると良いというのは本当?