本日、病棟のラウンジでマガジンを読んでいたら、今はマミーの分娩が高齢につき、育児季節って、父母の、介護の時期がダブるという事例が相次いでいる。。。という話が載っていました。

自分がちびっこ産んだのも、30代中ごろですが、私の義理の女子が、本格的に調子崩してしまったのは、ぽっきり私のちびっこが生まれた後々でした。旦那には兄妹がいるのですが、いるスポットが遠く離れている結果、義理の女子において、身近に頑張れるのは我ら夫婦、そしてマミーの弟夫婦だけでした。

第1方が生まれて慣れない育児に、私の、カラダが参っているうち、旦那から(女子と共に住んで気がかりみてくれないか?)と言われました。義母は、ダディー(旦那のパパ)がその10階層ほど前に、他界しているため、一人暮しを通していました。

自分という義母は、ちびっこが生まれるまでの隔たり、仲良くはしていたのですが、私も、慣れない育児にてんてこまいの、季節だったこともあり、産後うつものの状態になってあり、旦那への返信が先延ばしになっていました。

返信を耐える、その間は、生まれたばかりのちびっこを、私の女子に預け、義母を見分けるという四六時中でした。その頃には、義理マミーは、ほとんどの家庭ができなくなっていましたから、義理マミーのマンションから帰宅する時は(自分がいない間に、何かあったらいかんせん)という機嫌って(短く解放されたい)という機嫌といった、2つありました。

先々、うちのマミーが、暮しにつき売買を再始動することになり、そこから後々はちびっこを連れて介護。。。寝不足の広がる人体には、体力的にしんどくて、、、いよいよ同居を決心したのですが、最終的に、親せきコンベンションにより、弟夫婦の家で同居することになりました。

元気なうちは、義母というマジ仲の良かった弟ですが、取り敢えず同居となると、厳しいことが多かったようで、義母は自分から施設に入ることを憧れました。

マグレが素晴らしく、たまたま、思い切り可愛い施設に入ることができて、(配下の奴の個性など)心の底から便利しました。

そうして、今度は私の父母がだんだんとカラダが弱ってきました。何やかや感じ取るところはありますが、自分自身が倒れてしまっては、一体全体困ります。自分にもちびっこがいる。

暖かい心は、持ちながら、けれども、夢中になってだめを、してしまってはカラダを壊してしまうと思いますので、各種状況に出会っても、冷静に判断していかなければって毎日思っています。介護だけじゃない。医療の分野でも活躍できる資格があった。